ウッドデッキ製作について

春から、ウッドデッキの製作や補修のご依頼を何件か頂いております。

補修は、現在のウッドデッキの痛んだ床板の補修を、というのもでした。お見積りご相談に伺うと、使用している木材はツーバイフォー材をそのまま使用したもので、設置から3年程度で腐食が進んでいました。ホワイトウッドのツーバイフォー材はホームセンターでも安価に手に入るため気軽にご使用したそうですが、防腐塗料も塗っていなかったため、あっというまに腐食が進んでしまったようです。

大きな穴まで開いてしまってます。。危険。

ウエスタンレッドシダーの床材を用意します。ホームセンターで扱っていることもありますが、品質と量が安定しないため(価格も高いです)、ヨコカメ便利屋では本州の木材店から取り寄せています。

幅141mm、厚さ39mmです。2×6と呼ばれる規格です。

長さですが、木材はサイズが長いほど割高になります。また送料も高くなりますので、1.8mサイズ(6ft)をでの設計にしました。購入時の端部はキレイではないのでカット、設計に合わせて長さをカットします。

これに、防腐塗料を塗っていきます。

木材用防腐塗料は数多く種類がありますが、ウッドデッキは直接、頻繁に素肌にふれるものですので安全性、屋外で常に風雨と日光に晒される耐久性、そしてもちろん価格を考慮して、ヨコカメ便利屋ではキシラデコールをオススメしています。カラーバリエーションも豊富ですので、お客様のお好みに合わせてチョイスしていただきます。これは、ダークウォルナットです。

丁寧に2回塗布、布で拭いて余分な塗料を落とします。あとはお客様宅での施工になります。

古い床材をはがし、基礎部分はそのまま使い、新しく用意した床材を貼っていきます。

綺麗に仕上がりました。グラグラしていたフェンスも新設しました。

庭へ降りるステップも新設です。広くて素敵なウッドデッキですね!

続きまして、札幌市内のお客様。「広い庭が夏には雑草が伸び放題、小さいエリアからでも庭を使えるようにしていきたい」ということで、まずはウッドデッキを新設して、その周りから徐々にお手入れできる範囲を広げていかれてはと、ご提案させていただきました。

建物から庭へ出るドアのところにデッキを新設します。材料サイズとご予算を考慮して、幅3.6m、奥行1.8m(タタミ4枚分)の設計としました。

まずは基礎を作ります。ウッドデッキは基礎作りがなんといっても重要です。穴を掘り砂利を敷き固め、束石を設置、そこに支柱となるポスト材を設置します。

写真は途中ですが、真ん中にもう一列基礎が入ります。ここまで出来れば、あとは事前に調整・塗装済みの床材を丁寧に貼っていきます。使用するネジは、錆びに強いステンレスコースレッドです。

完成です!デッキの上でテーブルや椅子を並べたり、BBQも出来るサイズです。周りのお庭も、いろいろなお手入れのアイディアが広がりそうですね。

各種サイズや形状、ご予算、諸々承ります。ぜひご相談下さい!

便利屋の道具について・・・インパクトドライバー編

どんなご依頼でも、とりあえずは道具や工具一式を持って駆けつけますので、よくお客様から「便利屋さんて、いろんな道具を持ってらっしゃるのねえ。」なんて言っていただきます。

そこで今回は、私たちが仕事上使う必須道具のご紹介です。DIYでご購入・ご使用を検討されている方もよろしければご参考に!

なにはなくとも、まずはインパクトドライバーです!

インパクトドライバー、一般の方だと、ドリル、とか呼ぶことが多いのではないでしょうか。もちろん、先端にドリルの刃(ドリルビット)を装着して木材や金属に穴をあけるドリルとしての使用もできます。インパクトドライバーは、モーターの回転力に打撃力を加えて、強力に締め付けや穴あけを行うことができます。建築や内装工事、イベント設営の現場では、必ず皆さん持ってます。通称「インパクト」です。

私が使っているのは、マキタTD090DとマキタTD138Dです。

左の白いのが、マキタTD090Dです。バッテリーは10.8V、ちょっとしたネジの締め付けや細かな穴あけ作業は軽くてコンパクトなコイツが一番です。家具の組み立てや分解にも活躍します。

右の緑のは、マキタTD138D、バッテリーは14.4V。長いビスや固くしまったボルトを緩めるのにはこれを使います。TD090Dよりパワーが強力で、大量のビスを打ち込むような作業には欠かせません。その分、TDR090Dより重く、お値段も高くなりますが。。

一点注意しなければならないのは、インパクトドライバーは強力な打撃力があるため連続して締め付け・緩め作業を行うには最適なのですが、パワーの加減が慣れないうちは難しく、締めつけ過ぎて壊してしまう可能性があります。柔らかい木材にボルトやビスを打ち込んでいると、本当にどこまででも入っていってしまいます。

家の中のネジの緩めや締め付け、たまに家具を組み立てたり、細かいハンドクラフト作業で使ったり、そんな方にはこちらがオススメです!

これもマキタの、DF030Dです。こちらはインパクトドライバーではなく、電動ドリルドライバとよばれるものです。サイズや重さは TD090Dとほとんど同じ、バッテリーも10.8Vで同じものが使えます。こちらはモータの回転力のみで締め付けを行うもので、先端のダイヤルで1~18までパワーの調節ができるのが特徴です。そのため、弱いパワーに設定しておけば、家具の組み立てなどの際に誤って締め付け過ぎて壊してしまう心配がありません(設定したパワー以上の負荷がかかると空回りしてそれ以上の締め付けがストップします)。それと、こちらはケースが黒い布製で、かわいいです(インパクトドライバーのほうは頑丈なプラスチックのハードケースです)。

ご紹介の3機種、全てマキタ Makitaの製品です。現場だと、マキタ派かHikoki(旧日立工機)派に分かれるのですが、国内の職人さんの使っているのは、ほぼこの2メーカーで占められているのではないでしょうか。ホームセンターなどでは格安の電動工具が数多く並んでいますが、やはりモータとバッテリーの信頼度が違います。ご家庭でも長く、大事に工具をお使いになりたい方は、ぜひご検討ください。DIYが一層楽しくなると思いますよ!

さて、インパクトドライバーには普段、プラスドライバーのビットを装着しているのですが、必ず一緒に持ち歩くのがこれです。

ソケットレンチです。6角のボルトナットに使います。ベッドなどの金属フレームの家具にはボルトナットが使われていることが多いので必携です。よく使うサイズは8ミリ~12ミリあたりです。

それと、組み立て家具では、6角の穴の開いたボルトがよく登場します。

左側の長いのが、六角レンチと言われるものです。組立家具を買うと、ネジ類と一緒におまけ(?)についてくることがありますね。これで良いのですが、スピーディーに作業を行うには、右側の六角ビットをインパクトに装着して行います。・・・スピードが違います。手放せません。

以上、便利屋必携のインパクトドライバーと先端工具のご紹介でした。今後も私たちが使う道具類をご紹介していきます!

お引越し手伝いと、棚の作成、ご新居の清掃

お引越しのお手伝いをご依頼頂きました。作業自体は滞りなく完了したのですが、その後、同じお客様から2点ご依頼を頂きました!

【ご新居の清掃・作業諸々】

きれいなご新居でしたが、よく見ると天井スミの高いところのクモの巣や、照明器具内部に虫が・・・。高い場所の作業は不安だということで、各所の清掃をさせていただきました。また、新しい照明器具の設置と、不要になった洗面台の撤去、排水口周りの隙間ふさぎも行いました。

【キッチンの棚の作成】

ちょうど良いサイズのシンプルな棚が欲しいとのことで、こちらで作らせて頂きました。壁にネジや釘を打てない賃貸のお部屋でも、天井に突っ張る金具を利用することでご希望の場所に棚を設置することができます。今回お作りした棚は、横幅106センチ、棚板の奥行き24センチ、3段のシンプルなものです。お好みのサイズで、なるべく安い材料を使ってお作りすることができます。もちろん、加工や設置は綺麗に丁寧に行いますのでご安心下さい。

お客様にたいへん喜んで頂き、こちらも感謝です。ご新居での快適生活のスタートのお手伝いができで嬉しいです。

お住いのちょっとしたこと、ぴったりしたサイズの収納が欲しい、などなど、お気軽にご相談下さい!ご予算に合わせてご提案させて頂きます。

お問い合わせはこちらから!

北広島の便利屋 ヨコカメ便利屋です

新規お見積りのご依頼、ありがとうございます。

こんにちは、ヨコカメ便利屋・横尾です。ご新規でお見積り依頼いただいております。

①札幌近郊 防草シート・砂利敷設

先日のお客様から、もう一軒のお宅もお願いしたいとのご依頼です!リピートしていただくことで、一生懸命やらせていただいてよかったと心から思うのです。ありがとうございます!

ご提案するお見積と作業内容は、雑草の草むしり、現在の砂利を除去して地ならし、1m幅防草シートを敷いてその上から砂利を敷くというもので、面積は約40平米程度ですので50m巻き防草シート一本、砂利は5ミリー25ミリの砂利を2.5立米手配します。4トンダンプカー1回での配送で可能です。安全性を考えて除草剤は使用したくないというご要望ですので、シート敷設前の地ならしと雑草の除去が大切になります。また、防草シートもグレードによって耐久性と耐用年数が(もちろん値段も)異なりますので、各グレードと耐用年数、価格をご提示します。

②札幌市内 ウッドデッキ改修

現在の12平米程度のウッドデッキが、あまり良くない木材、いわゆる針葉樹のツーバイフォー材を使用していた&防腐剤も塗布していなかったため腐食が激しく、床材の全面張替えのご希望です。加えて、基礎の施工が少々甘く沈み込みが見られ、床面に傾きが生じています。基礎部分を補強して床面全体を水平に直すことをご提案させていただきました。デッキ専用木材の発注加工、基礎とその他数カ所の補修・補強、防腐耐候塗料の塗布、以上の内容でお見積りさせていただきました。

使用するデッキ材はウエスタンレッドシダーの2×6、厚さ38ミリ幅141ミリのものです。大型のホームセンターでも扱っていることがありますが、量と品質が安定していなく価格も高いので、本州からの取り寄せとなります(北海道への送料は少々高いのですが・・)。これに防腐耐候塗料を塗布して使用します。

広々としたウッドデッキでバーベキューなどもよくやられているそうで、リフレッシュしたデッキを早く楽しんでいただきたいと思います。

ヨコカメ便利屋でご提示するお見積りですが、

  • 材料費(種類、個数、単価)
  • 作業費(人数、日数・時間)
  • 特に設計や調査が必要な場合にはその分の設計費

以上の項目を明確にご提示し、お客様の想定していた金額との差が大きいときには材料のグレードを相談するなどして、内容と金額面で納得していただけるように努めています。作業依頼をご検討の際は、まず「これくらいの金額で出来ないか」と遠慮なくお申し付け下さい!

ようやく暖かくなってきた北海道、お家まわりの各種作業はぜひご依頼ください!

札幌近郊、防草シート・砂利敷設作業

こんにちは。ヨコカメ便利屋です。感染症流行の影響でお家に居る時間が増えた方が多い影響だと思われますが、お家の不要品片付けやお庭その他の補修作業のご依頼を多く頂いております。もちろん、感染症対策には万全を期してお伺いしておりますので、お気軽にご相談・ご用命ください!

昨日は札幌近郊のお宅の防草シートと砂利の敷設作業をご依頼いただきました。

面積は約40平米、50m巻きの防草シートと砂利を2立米使用しました。はじめに現在敷いてある古い砂利を粗く除去、埋めてある境界のブロックも掘り起こし、再度適切な位置へ埋め戻します。その後、防草シートを敷き、その上から新しい砂利を敷き詰めて作業完了です。3名スタッフで6時間ほどの作業となりました。

外出自粛要請中でもホームセンターは大盛況で、ご自宅の作業を手掛ける方々が多いようですね。ちょっと人手が必要な作業の際にはぜひご用命下さい!

ようやく気持ちの良い気候になってきましたので、屋外での作業も楽しいですね。皆様も屋外やお庭での作業時には熱中症にはくれぐれもお気を付けください!

砂利の山に座り、午後からの砂利敷き作業に備える昼食中のヨコカメスタッフ、です。